2022年のライブラリつまらない日常をちょっぴり刺激する、
現代アートならぬ現代インターネット